オーガズテクブログ - オーガズムを簡単に!女性をイカせる方法 -
オーガズムブログとは? セックスで女性をオーガズムへ導く、イカせる、セックステクニックが身に着くブログです。 女性をオーガズムへ導く、イカせるセックステクニック教材について、日本一詳しくレビューしています。
サイト内検索:
no
Pocket

オーガズムへ導くはずが・・・

あれは、今から10年ほど前のことです。
当時、私は心理カウンセラーを始めて5年ほど経過していました。
心理カウンセラーは本業ではなく、インターネットで希望者を募って心理カウンセリングを行っていました。

当時はまだインターネットもさほど普及していなく、ほとんどが男性からの相談でした。

当時、私はいくつかのブログを運営していて、確か「のブログ」だったと思います。
東京に住む田中さん(仮名)が、ブログに相談してきました。

最初はブログへのコメントだったのですが、途中からメールにしたのを覚えています。

田中さんの悩みは、ペニスで女性をイカせられないと言うものでした。

正直、

「ああ、またか・・・。」

と思いました。

田中さんもうそですが、ペニスで女性をイカせてみたい男性は、その頃から多かったように思います。そのため、私は、「ペニスでイカせるには、どうしたら良いか?」という相談を多く受けていたのです。

外イキは?

私はメールで、田中さんに質問をしました。
その時のメールの内容を判りやすく説明するため、以下は会話調でまとめました。

「ペニスでオーガズムへ導き、何度もイカせてみたいのですよね?」

「ええ、そうです。」

「お相手の女性は、オナニーはしていますか?オナニーをしているのなら、オナニーでイクことはできますか?」

「オナニーは、僕と付き合っている今はやっていないそうです。しかし、オナニーではイケるとは言っていました。」

「では、田中さんの愛撫ではいかがでしょうか?田中さんの愛撫で、オーガズムへとイって、外イキはできますか?」

「クンニをして、クリトリスへの愛撫を行っていると、イっているようです。」

「つまり、クリトリスへの愛撫でイクということですね。つまり、外イキはできるのですね?」

「ええ、できます。」

「外イキが、芝居の可能性はどうでしょうか?女性は、好きな男性をがっかりさせたくないから、イったふりをする場合があります。」

「それは無いと思います。クリトリスを愛撫して続けて、外イキをすると絞り出すような、大きな声を出すし、体も硬直させて、凄い顔ををします。」

中イキは?

「外イキができる女性であれば、中イキができる可能性が高いです。もちろん、中イキだけができるとか、最初から中イキができる女性もいますが、少数派です。
 女性は、性感帯が開発されていき、一番感じる性感帯であるクリトリスが開発されて、オーガズムを感じて外イキするようになるのです。」

「なるほど。」

「では、中イキはどうでしょう?
 膣の中を指先で愛撫をすると、女性は中イキする事ができますが、中イキはできずまか?」

「それが、なかなか上手くいきません。」

「上手くいかないとは?」

「Gスポットが見つからないというか・・・。」

「なるぼど。Gスポットが見つかりませんか。
 もしかしたらですが、Gスポットかないのかも知れませんよ。」

 

「Gスポットがない女性がいるのですか?」

「ええ。Gスポットがないというよりも、Gスポットが開発されていないと言った方が正解かも知れません。」

「そんな女性がいるのですか?」

「ええ。います。以前は、Gスポットが無い女性をもいると言われてきました。
 しかし、私の個人的な考えですが、Gスポットが無いのではなく、Gスポットが開発されていないと考えています。」

Gスポットの開発が必要?

「では、まず、Gスポットの開発が必要なのでしょうか?」

「それは必要ですが、田中さんのお相手の場合は、なんとも言えません。
 田中さんが、Gスポットを見つけられないだけかも知れませんので・・・。」

 

「では、中イキはさせられないでしょうか?」

「いいえ、そうとは限りません。
 指での愛撫でGスポットを見つけられなくても、ペニスを挿入すればGスポットを刺激できる可能性があるからです。」

 

「つまり、ペニスを膣へ挿入をして、ペニスを動かすと、Gスポットを刺激して中イキできるということでしょうか?」

「そういう事です。

こうして会話形式でまとめると、ペニスでGスポットを刺激して女性をオーガズムへ導き、中イキさせるのですから、当たり前のことですよね。(笑)

しかし、それがなかなかできないです。
話が長くなりそうなので、次回へ続きます。

ご質問、お問い合わせがございましたら、お気楽にこちらをクリックしてください。

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングはこちらをクリック。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.