オーガズテクブログ - オーガズムを簡単に!女性をイカせる方法 -
オーガズムブログとは? セックスで女性をオーガズムへ導く、イカせる、セックステクニックが身に着くブログです。 女性をオーガズムへ導く、イカせるセックステクニック教材について、日本一詳しくレビューしています。
サイト内検索:
早漏

オーガデムテク習得と早漏

公開日: 更新日:
Pocket

オーガズムと縁のない人生

オーガズムと縁のない人生とは、どんな人生でしょうか?

これを考えるとき、大事なことは女性目線と男性目線です。

オーガズムとは、いわゆるイクとかイッタとかいう状況です。

男性の場合は、オーガズムへ達したか?すなわちイッたかどうかはとても判りやすいです。

つまり、男性は射精をすればオーガズムに達した、イったと言えるからです。

昨今では、ドライオーガズムというものもありますが、男性の場合は、とにかく射精をすれば、オーガズムへ達し、イッたと言えるのです。

それに対して、女性のオーガズムは少々複雑です。

女性がオーガズムへ達すると、心拍数があがる、全身の力が抜ける、逆に全身に力が入りえびぞりになる、目が白目になるなど、肉体的な面から、オーガズムへ達した、女性がイッたと判断ずることができます。

しかし、実はこれは何とも言えなが実情です。

本当に女性のオーガズム?イってるの?

肉体的にどうのこうの言っても、女性がオーガズムに達しているのか?女性がイっているのか?それは何とも言えないのです。

先ほど上げた、、全身の力が抜ける、逆に全身に力が入りえびぞりになる、目が白目になるなどがなくても、オーガズムへ達して、何度もイクという女性もいるのです。

ですから、私は思うのですが、オーガズムへ達したのか?イったのかどうか?それは、女性本人にしか判らないことだと思います。

以前、私のことを射精させたがるセフレとセックスをしていた時期があります。

このセフレとは、とにかく私を射精させたくて、二人きりのときは、私のペニスを愛撫しつづけていました。
何回も射精させられて、最後は精子が出なくなりました。だけど、私は射精している感覚がありました。

煙が出るという状況なのでしょう。

こうなると、私がオーガズムへ達してイッているという肉体的な変化はありまありません。私が、オーガズムへ達してイッているのは、私にしか判らないのです。

おそらく女性のオーガズムもこれと同様で、我々男性が何を言おうと、オーガズムへ達してイッているといことは、女性本人にしか判らないのです。

女性をイカせたい

あなたはこのブログをご覧になっていらっしゃるのですから、女性をオーガズムへ達き、何度もイカせるような、オーガズムテクニックを身に着けたいと考えていらっしゃると思います。

オーガズムテクニックを身に着けたいと考えるきっかけは、人それぞれでしょう。

私の場合は、すけべな子供だったので、中学生の頃には、女性をオーガズムへ導き、何度もイカせられるオーガズムテクニックを身に着けたいと考えていました。

しかしながら、大人になってセックスをするようになると、一つ重大な問題が私の前に立ちふさがったのです。

それは、私が早漏だったということです。

早漏では女性をペニスでオーガズムへ導くことは不可能です。もしかしたら、入れた瞬間にイクような女性がいるかも知れません。

実際、私からのメールを見ただけで濡れてしまうような、早漏の女性を彼女にしていた時期もありす。

しかしそれは極々稀な事で、早漏男性がペニスで女性をオーガズムへ導き、女性をイカせることはまず不可能なのです。

こうなると男性なら誰しも考える事を考えました。

早漏男性でも女性をイカせる方法。すなわち、愛撫で女性をオーガズムへ導き、女性を何度もイカせる、愛撫テクニックを見に着けようと考えました。

どっちが先か?

女性をイカせる愛撫テクックを身に着けようと考えた私でしたが、一つ疑問が沸き起こりました。それは、

「早漏を克服してから、女性をオーガズムテクニックへ導く、愛撫テクニックをを身に付けるべきか?」

「それとも、女性をオーガズムへ導くオーガズムテクニックを身に付けてから、早漏を克服すべきか?」

以上のどちらにするか?と言う事です。

この問題は、結局はセックス相手の女性によると思います。

当時の私のセックス相手の女性は、挿入よりも愛撫が好きでした。

つまり、まだ膣内のGスポットやボルチオ等の性感帯が、開発されていませんでした。これは、私のセックステクニック不足でもありましたが・・・。

また、当時、早漏を克服したいと色々と早漏克服法をやっていましたが、早漏を克服できないでいました。

「このまま、ペニスでオーガズムへ導けないし、愛撫でもオーガズムへ導けないのは、男として情けない。」

ですから私は、「まずは、愛撫でオーガズムへ導こう。」と考えて、早漏よりも先にオーガズムへ導く愛撫テクニックを磨きました。

話が長くなるで、続きは次回にお話しましょう。

ご質問、お問い合わせがございましたら、お気楽にこちらをクリックしてください。

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングはこちらをクリック。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.