オーガズテクブログ - オーガズムを簡単に!女性をイカせる方法 -
オーガズムブログとは? セックスで女性をオーガズムへ導く、イカせる、セックステクニックが身に着くブログです。 女性をオーガズムへ導く、イカせるセックステクニック教材について、日本一詳しくレビューしています。
サイト内検索:
オーガズム挿入法

オーガズム挿入法

公開日: 更新日:
Pocket

オーガズム挿入法

オーガスへ導き、女性を何度もイカせる。

このためには、オーガズム挿入法が必要です。

オーガズム挿入法とは、私が考えた造語です。

「またもや、しゃごんの奴は、新しい言葉を考えたのか。」

そう、あなたが呆れていたら、大変申し訳なく思います。

しかしながら、あなたが呆れたり、怒ったりするお気持ちは判りますが、こういった造語を考えなければならない訳があるのです。

オーガズムテクニック(これも私の造語ですが)やセックステクニック、さらには愛撫などのテクニックには名前がついていなぽものが多いのです。

例えば、乳首を指でやさしく転がすようにする愛撫。なまえがありません。

乳首への愛撫はそのまま、「乳首への愛撫」と言われています。

それに対して、ヴァギナへの手による愛撫は手マンという名称が付いています。

手マンは元々は、手による膣への挿入、つまり手によるマ○コでした。それを略して手マンと呼ばれるようになりました。

そもそもは、手によるマ○コだったのですが、いつの間にか、手よるヴァギナへの愛撫、オーガズムテクニックが全て手マンとよばれるようになりました。

つまり、「膣に指を入れるオーガズムテクニックが手マン」とは言ってたはすが、現在ではクリトリスを手で愛撫しても手マンと呼び場合があります。

オーガズムテクニックの一つとして、乳首を舐めると?

同じように、乳首を舐める愛撫には、クンニ、すなわにクンニリングスのような名前が付いていません。

乳首を舐める愛撫は、「乳首舐め」と呼んだりしますよね。

だけど、「乳首舐め」といいつつも、唇で乳首を挟んだり、乳首へ息を吹きかけたりします。それでもなぜか「乳首舐め」と呼んだりしています。

乳首舐めを乳首への愛撫とか、乳首攻めと総称してしまう事もあります。

以上のように、オーガズムテクニックやセックステクニック、愛撫テクニックには、名前が付いていない場合が多いのです。

さて、私が今回説明する、オーガズム挿入法についてですが、これは膣にペニスを入れてからのオーガズムテクニックのことです。

具体的に言えば、オーガズム挿入法には、大きく分けて次の2があります。

■膣へペニスを入れる”時”に、使うテクニック。

■膣へペニスを入れた”後”に、使うテクニック。

もしかしたらあなたは、膣へペニスを入れた後に、使うテクニックはイメージできるけど、膣へペニスを入れる時に使うテクニックは、イメージできないかも知れませんね。

膣へペニスを入れるときのテクニックは、意外とある。

膣が濡れたから、ペニスを何も考えなし入れるでは、女性は悲しい思いをしているかも知れません。

女性のセックス経験は人それぞれですし、女性の膣の具合や膣のコンディションも人それぞれです。

中には、膣が濡れたらペニスを一気に根元まで入れて欲しいと言う女性もいます。

私の元カノや元セフレにも、そういう女性がいました。

「入れる時は、ちょっと痛いぐらいが丁度いいの。」

そう言っていた元カノもいましたね。

しかし、こういう女の子は少数派で、ほとんどの女性は、入れるときに膣を慣らすよう入れ方を求めているのです。

膣にペニスを入れるときに、ジワジワ入れるとか、ちょっと入れてみて抜いてしまうとか。そう言った焦らしを入れつつ、膣にペニスを鳴らすような入れ方を女性はしてほしいのです。

「細かいな。」「面倒くさいな。」と思わず、女性のことを考えて、オーガズム挿入法の腕を磨いてください。

ご質問、お問い合わせがございましたら、お気楽にこちらをクリックしてください。

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングはこちらをクリック。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.