オーガズテクブログ - オーガズムを簡単に!女性をイカせる方法 -
オーガズムブログとは? セックスで女性をオーガズムへ導く、イカせる、セックステクニックが身に着くブログです。 女性をオーガズムへ導く、イカせるセックステクニック教材について、日本一詳しくレビューしています。
サイト内検索:
中イキ、連続イキ、イキっぱなし
Pocket

中イキさせるために、2つ秘密があります

女性を中イキさせるために、2つの秘密があります。

1つは、中イキさせるオーガズムテクニックを男性が身につけるという事です。

「なんだ!そんな事は、当たり前じゃないか!」

そうあなたは、怒っていらっしゃるかも知れませんね。
しかし怒るのは待ってください。

あなたは、女性を中イキさせるためには、オーガズテクニックを男性が修得しているのは、当然だと考えていらっしゃるかも知れませんが、では、中イキさぜるオーガズムテクニックはどういうものかをご存知でしょうか?

また、中イキさせるオーガズムテクニックを具体的に説明できるでしょうか?

さらには、あなた自信がオーガズムテクニックを駆使して、女性を中イキさせる事はできるのでしょうか?

「できるよ!妻(彼女、セフレ)を中イキさせているから!」

そうあなたがおっしゃるなのら、とても素晴らしい事です。
あなたは、女性を中イキさぜる、しっかりとしたオーガズムテクニックを持っていらっしゃるという事です。

しかしながら・・・

中イキさせるオーガズムテクニック

女性を中イキさせるためのオーガズムテクニックを身に付けている男性は、意外と少ないのです。

「エッチは才能。」という言葉を聞いた事はありませんか?

エッチ、すなわちセックスが上手下手は、才能に左右されるという意味です。
なぜ、セックスの上手下手が才能に左右されるかと言えば、セックスのテクニック、すなわち愛撫のテクニックやオーガズムテクニックを学び修得する機会がないからです。

あるとすればAVとなりますので、現代の若者はAVをセックスの教科書としている事が多々あります。
これは、古くは唱和の時代でも似たような事がありました。

当時、ポルノ映画やピンク映画がありました。ポルノ映画での愛撫を教科書としていた男性が、何人もいたと思います。
またその頃は、現代のように女性がイク事に対する認識も低かったようです。

現代のように、女性が中イキする、外イキするといった概念もありませんでした。
女性はただイクか、オーガズムやエクスタシーへ達すると考えられていました。

そう考えると、現代のセックステクニック、愛撫テクニック、オーガズムテクニックは、外イキ、中イキ、連続イキ、イキっぱなしとの概念があり、唱和のころよりも、中イキのテクニックは何段階も進歩したと考えられます。

中イキさせるのは才能ではない

さて、女性を中イキさせるのに、男性に中イキさせる才能が必要なのでしょうか?

いいえ、中イキさせる才能など必要はありません。

女性を中イキ、外イキ、存続イキ、イキっぱなしにするオーガズムテクニックは、誰でも習得する事ができます。
特に現代では、中イキさせるテクニックを動画で学ぶことができます。
動画は、スマホに入れて持ち運べますから、いつでもどこでも、女性を中イキさせるオーガスムテクニックを学ぶ事ができます。

あなたが、女性を中イキさせたいのなら、オーガズムテクニックの修得が必須です。
お勧めの中イキ、連続イキさせるオーガズムテクニック

中イキ、連続イキさせるもう一つの秘密

女性を中イキ、連続イキさせるためには、オーガズムテクニックを修得する必要がある。
これについては、あなたも納得していただけたと思います。

では、もう一つの秘密とは何でしょうか?

それは、中イキ、連続イキ、イキっぱなしになるように、女性の心と体を開発するという事です。

馬を水のみ場へ連れて行っても、馬に水を飲ませる事はできない。

という事技がありますが、女性の中イキもこれと同様です。

いくらあなたが、オーガズムテクニックを身につけても、女性の心や体(性感帯)が開発されていなければ、女性を中イキ、連続イキ、イキっぱなしにする事は不可能です。

羽が無ければ、鳥は飛べないのです。

「オーケー、しゃごんさん。では、女性を中イキできる心と体にする方法は、どうすれば良いのでしょうか?」

そうあなたは、思っていらっしゃるでしょう。

その答えは、次回お話いたします。

本日のワンポイント

女性を中イキ、連続イキ、イキっぱなしにするためには、中イキさせるオーガスムテクニックを修得せよ!

このマニュアルに対する、ご質問、お問い合わせがございましたら、
お気楽にこちらをクリックしてください。

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングはこちらをクリック。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.