オーガズテクブログ - オーガズムを簡単に!女性をイカせる方法 -
オーガズムブログとは? セックスで女性をオーガズムへ導く、イカせる、セックステクニックが身に着くブログです。 女性をオーガズムへ導く、イカせるセックステクニック教材について、日本一詳しくレビューしています。
サイト内検索:
Gスポット

gスポット開発の必要性とそのやり方

公開日: 更新日:
Pocket

gスポット開発は、中イキ性感帯開発の一つです。
女性が中イキするためには通常、クリトリス ⇒ gスポット ⇒ ポルチオ の順で開発されていきます。
ただし、これは個人差があり、gスポットで中イキできなくても、ポルチオやシークレットゾーンなど、他の膣内性感帯で中イキできる女性もいます。
しかし、gスポットは多くの女性が開発できる膣内性感帯ですので、ぜひ、gスポット開発方法を身に付けてください。

gスポットの性感帯開発

gスポット開発を行うためには、gスポットの位置を見つけなくてはなりません。
膣内のおへそ側。膣口から入って3センチぐらいにある、つるっとした所がgスポット。と、言われています。しかし、性感帯として開発されていないgスポットでは、愛撫されても女性は何も感じません。だから、見つけるのが困難なのです。
そこで、gスポットが見つからない場合は、しゃごん式gスポットの見つけ方を参考にしてください。

Gスポットが性感帯開発されていないのなら、スポットでは中イキできません。
あなたがいくら高度な手マンのテクニックを身に付けていても、性感帯ととして開発されていないGスポットでは、中イキは不可能です。
つまり、Gスポットで中イキするためには、Gスポットが性感帯開発されていることが大前提となります。

gスポット開発は、クリトリスがカギ

コア性感帯

クリトリスは、とても敏感な性感帯です。クリトリスは神経の束のような構造をしていて、膣をまたぎ取り巻くように形をしています。gスポットは、クリトリスの一部と言っても良いでしょう。
ですから、クリトリスをオナニーや愛撫などで刺激して、性感帯として開発を続けていけば、Gスポットも性感帯として開発はされます。

あなたは、クリトリスは男性の亀頭に当たる性感帯です。亀頭の神経は、竿にまで繋がっていますから、オナニーで亀頭を刺激し続ければ、竿を性感帯として開発されるでしょうしか?

普通は、開発されません。

亀頭よりも竿への刺激に弱い男性もいます。こういう男性が、竿への刺激を続けていれば、亀頭が感じるようになるかと言えば、これもあまりありません。

クリトリスとGスポットはこの関係に似ています。前述した話と矛盾してしまいますが、クリトリスだけを性感帯として開発しても、自動的にGスポットが性感帯として開発される訳ではないのです。

ですから、クリトリスをオナニーや愛撫で刺激する時に、Gスポットを性感帯として開発する方法があります。

中イキのための神経連携

中イキするためにGスポットを開発する。
このためには、クリトリスの神経とGスポットの神経を連携させる必要があります。

クリトリスで外イきする感覚を、Gスポットに連携させるのです。
最初はイメージで構いません。

男性でも乳首を愛撫されると、亀頭に快感を感じる方がいます。
実は私も乳首が性感帯です。乳首を愛撫されると勃起もしますし、亀頭に快感を感じます。
これを私は、性感経路と呼んでいます。

性感経路を通す

クリトリスとgスポットにも、この性感経路かあります。

クリトリスとGスポットを同時刺激して、クリトリスで外イきする時に、Gスポットを感じいるイメージをします。
このイメージがとても大切で、最初からgスポットは感じないのです。
クリトリスでのオナニーや愛撫で、クリトリスで感じながら、gスポットに意識を集中するようします。
そうして、快感の波がクリトリスからgスポットへ流れるようにイメージします。
もしくは、gスポットへの刺激で、クリトリスの同じような快感が、gスポットから湧き出ていることをイメージします。

これを何度も繰り返していくうちに、クリトリスとgスポットの間に、性感経路が通るようになります。
性感経路が通ると、gスポットへの刺激だけで、中イキできるようになるのです。
なかなか難しいかも知れませんが、時間をかけてじっくりと取り組んでいけば、必ずGスポットで中イキができるようになります。

本日のワンポイント

gスポットの性感帯開発は、クリトリスの外イきとGスポットの中イキをイメージで連携させて、性感経路を通す。

ご質問、お問い合わせがございましたら、お気楽にこちらをクリックしてください。

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングはこちらをクリック。

Gスポットで中イキさせる、オーガズムテクニック

Gスポットの性感帯開発については、詳しくはこちら中イキ方法が、簡単に習得できる。上級者向け中イキ教材ランキングにて、説明しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.